活動紹介

灌仏供養で少年部さんからパワーを頂きました!

2022/04/17

少年部長   伊藤身依

令和4年4月3日、稚児讃歎文の奏上と灌仏供養の撮影が行われました。

今回稚児総代を務めてくれたのは、男鹿支部の大西惠維(めい)ちゃんです。コロナ禍でお手取りや準備がなかなか進まず、今年は総代がいないかもしれない・・・と諦めかけていたところ、直前のオファーにも関わらず引き受けてくださいました。

直前のお願いだったので、練習時間もなく、惠維ちゃん一人で讃歎文を読むのは心細いかと心配だったのですが、介添えをしてくれたお姉さんの梓音(しおん)さんが稚児総代経験者ということで、一緒に読み上げさせて頂くことができました。一生懸命読みあげる惠維ちゃんと、それを応援するように声を合わせる梓音さんの、お互いを思い合う姉妹の姿に、撮影を見守っていたみんなが感動を頂きました。きっと、動画でご覧になった方たちも、微笑ましい姉妹の姿に感動されたのではないでしょうか。

 

 

また、鳥海支部の佐藤芽衣(めい)ちゃんは昨年も参加してくれたお友達です!

可愛らしい姿に癒され、また稚児さんの衣装を着た芽衣ちゃんに会いたいな~と思いお願いしたところ、おばあちゃんと一緒に参加してくださいました。

昨年より背も大きくなっていて、活発に動く芽衣ちゃんに成長を感じましたが、今年もその可愛らしいしぐさに癒されました。

 

 

 

 

 

そして灌仏供養に参加してくださった秋田第一支部の金沢家・梁田家御一行様は、昨年稚児総代を務めてくれた梁田紬月(ゆづき)ちゃんと、いとこの金沢蓮歩(ふあ)ちゃん、そのご両親たち、祖父母、の皆様です!

これからも、毎年全員集合の家族写真が増えていくことを期待しています!

    

 

秋田第二支部の北林静奈(せいな)ちゃんは、おばあちゃんと一緒に参加してくれました。

ダンスが得意な女の子なのですが、ちょっぴり恥ずかしがり屋さんで、撮影班の前では披露して頂けませんでした。残念…!

今度なにかの機会にぜひダンスを披露して頂きたいと思います!

 

 

 

 

 

今回も、子どもたちの可愛らしい姿や、元気な姿に、癒され、パワーを頂きました!!

そしてこの子どもたちが健やかに、人には親切、礼儀正しく、親孝行に育ってくれることを心から願っています。

急遽参加できなくなったお子さんや、後から灌仏供養に来てくれたお子さんもいらっしゃいましたが、その方たちも含め参加して下さった皆さま、ありがとうございました。合掌

一覧へ戻る